美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 万樹奏

万樹奏中尾彰秀詩集

著者
中尾彰秀
サイズ
A5判
80ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-411-8 C0092
発行日
2019/08/08
本体価格
2,000円

個数  

 

  

 

 

 

論語に「子、怪力乱神を語らず」という言葉がある。

 

子とはもちろん孔子のことであるが、中尾彰秀は語らぬどころか、

 

その怪力を演じ乱神を舞い踊るのである。

 

言い淀みつつ言いつのり、音速を超えたところで、吃音で畳み込む。

 

「スピリアル」とはスピリチュアルとリアリズムを合体させた彼の造語であるが、

 

まさに精神が肉体化されたものが彼の詩である。

 

お通夜のような現代詩は生きていくエネルギーを奪う。

 

しかし、このアンチ現代詩の詩の効用はエネルギーの回復と宇宙的自然への回帰である。

 

それは本詩集を一読すれば実感できることだ。

 

 

 

(尾崎まこと)

  

 

 

 

🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂

 

 

 

 

 

 

 

ミーンでなく

 

ジーン

 

そろいもそろって

 

同時に鳴き止むことのある

 

蝉たち

 

突如静けさのやって来る

 

夏の真昼の球体の丘

 

蝉の大切な時間

 

あるべくしてあると

 

存在の一切の哀しみ受け入れ

 

今だに戦争を繰り返す

 

人間ではさらさらなく

 

せいかんでうつくしい

 

 

 

              (「蝉の時間」より)

 

 

 

 

 

🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂

 

 

  


著者について

 

中尾 彰秀(なかお あきひで)

 

詩人・ピアニスト・ヒーラー。
立命館大学文学部哲学科卒。
瞑想・気功・レイキ・カタカムナにいそしむ。
ペンタックスフォーラム大阪東京にて写真個展、一九九〇年代。
関西詩人協会会員・元運営委員
日本詩人クラブ会員
「詩を朗読する詩人の会“風”」世話人代表
「EARTHPOEMPROJECT」代表
日本現代詩歌文学館振興会評議員
詩誌「森羅通信」出版
「和歌山詩の会」代表
「EPP詩の教室」主催
「ポエムテラ小屋」主催